banner

車を売却する

中古車オークションで車を売却する

所有する中古車を売却したいと思う場合、中古車販売店や個人売買の他に、中古車オークションを利用することができます。中古車オークション会場は全国にあり広くネットワークが繋がっているので、希望の条件で売却することがしやすくなります。しかし、個人の立場で中古車オークションで取引することはできません。そこで中古車オークションの代行業者に依頼することになります。

代行業者は個人に代わって希望の車種を見つけたり、また売却相手を探したりします。

自分の希望条件にマッチする取引相手を近場で探すのは限界がありますが、中古車オークションならそのエリアを広げることができます。広い取引参加者と流通在庫の中で、より条件のいい車両や取引相手を見つけることが可能です。とはいえ、代行業者ならどこでも安心というわけではありません。ノウハウや得意分野は業者ごとに違いますので、その特徴を見極めたうえで依頼する業者を決めなければなりません。

例えば、フランチャイズとしてオークションに参加している業者は避けることです。
むしろ、古物商の免許を取得し不動産所有の保証人がいるなど、しっかりとした会員資格を持っている業者のほうが安全でしょう。
こうした点も業者を見極めるポイントになります。また、実際にどんなノウハウを持っているのかを質問して、具体的な説明ができるどうかを確認することも必要です。

ノウハウがあると豪語しながら実際には大したものはないのであれば、手数料がムダになってしまう結果になりかねません。
また、車と相場についての知識を具体的に尋ねてみるのも良いことです。車の知識が浅くてなおかつ相場に通じていないのであれば、取引代行を依頼するわけにはいきません。

しかし車と相場の知識が広い業者であれば、安心して依頼することができます。信頼できる代行業者かどうかを見極めるのは難しいものです。したがって、会社の歴史の長さから判断することもできます。
信用実績のない会社はすぐに淘汰されていきますが、信用実績のある会社はそれだけ歴史が長くなります。中古車オークションでは売却価格が安定しないことがデメリットですが、希望通りに売却できなくても再出品することができます。

代行業者を通じて車を売る場合は、消費税やリサイクル券代を受け取れるかどうかを確認できる業者を選ぶようにしましょう。
また自動車税返金の説明の有無についても、業者選びのポイントになります。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで成功する人、失敗する人All Rights Reserved.