banner

中古バイク購入

中古バイクの購入ルート:中古車オークションなど

バイクを中古で購入したいけど、どこに行けば安く良いものを買えるのか、これだけ情報が氾濫していると、自分では調べようがありません。闇雲にいろんな業者に電話するのではなく、まずは大きく3つのルートがあることを確認しておきましょう。
一つ目が、中古車販売店。
バイクを扱っていない、またはバイクの在庫が少ないところもあります。
二つ目が、中古車オークション業者。
三つ目が、インターネットなどを通じて個人から買うルート。
それぞれに違ったメリットもありますが、また違ったデメリットもあるので、大まかに理解したうえで自分がどういう方法でバイクを購入すべきか考えてみましょう。

中古車販売店は、他に比べて少々値段が高いのですが、車輌の状態は良好です。バイクマニアが高じて販売店になっている例もあります。大手業者だけではなく、口コミなどでそのような個人業者を探してみるのも良いでしょう。

中古車オークションや個人売買よりも、親身になって相談に乗ってくれるのが一般的です。車両に不具合が生じた場合にも、丁寧に対応してくれます。
こうした中古車販売業者は、良心的な店主がいる反面、先述の通り値段が高めというデメリットもあります。友人が経営するショップでもない限り、他のルートに比べると割高です。予算第一に考える人は、別の方法での購入も一考したほうが良いでしょう。

それに比べて、中古車オークション業者は、相対的に価格は安めです。また、中古車オークションの参加資格者は、当然ながら車輌の専門業者ですから、見る目はあります。車両の状態も悪くありません。
状態の良し悪しは、業者が決めるのではなく第三者の検査員が決めます。
業者によっては車輌に保証がついたり、アフターケアも万全というところもあります。一方でデメリットも指摘されており、中古車オークションで落札した以上は原則として返品できないため、購入を約束した顧客も同様にキャンセルが効きません。

ネットや対面を通じた個人売買については、価格の安さが魅力です。業者が仲介しない以上、マージンも発生しません。売るほうはより高く、買うほうはより安く、といった双方の要求を満たしてくれるシステムです。

しかし、良く指摘されるのが、手続上のトラブルです。名義書き換えに必要な書類が送られてこないとか、少々の傷を売り手は傷と認識していなかったとか、素人ならではのトラブルがあります。中には、この素人売買の弱みに付け込んで、自分も素人を装った詐欺なども横行しています。注意が必要です。

せっかくの買い物は気持ちよく済ませたいものです。安さだけ求めるのではなく、トータルで考えたいものです。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで成功する人、失敗する人All Rights Reserved.