banner

情報を集めましょう

中古車オークションの情報は代行業者から

個人で中古車オークションを利用する場合、代行業者に依頼する必要があります。買う場合も売る場合も、相場など多くの情報を集める必要があり、それらを代行業者に任せることができます。

中古車オークションを利用する前に、この中古車オークションの概要を知っておくことは良いことです。中古車オークションというのは、中古車の卸売が行われる取引所のことです。ディーラー、中古車販売店、買取業者などが参加をし、中古車の売買取引を行います。業者として会員にならないとオークションに参加することは認められず、個人ユーザーとして売買に参加することはできません。

中古車オークション会場の会員になることが認められるのは、中古車取扱業者、古物商の免許取得者、不動産所有の保証人をもつ者などです。

ただし、古物商の免許があってもオークション会場の会員になれるとは限りません。会場ごとの規約があり、会員資格を得るための審査基準があります。それをクリアしたものだけが参加を認められるのです。

中古車オークションのよいところは、自分が欲しい車が見つかりやすいことです。豊富な流通車両の中から、希望の条件をクリアしたものを見つけることができるのです。相場に関する情報は代行業者を通じて得ることができます。一方で、注意点を抑えておく必要もあります。

例えば、中古車オークションでは落札した車には、不具合箇所にクレームをつけられる期間が決まっていることです。それは概ね1週間程度ですが、この間でなければ不具合箇所にクレームをつけることができません。保証期間を過ぎてからクレームを出しても、対応してもらえません。

そして、中古車オークションには免責金額があることも知っておかなければなりません。ある決まった金額内で収まる故障にしか対応しない、その金額が免責金額です。通常は3万円前後に設定されており、この金額の範囲内に収まる部品代にしか対応できません。

工賃の額ではなく部品代である点を知っておかなければなりません。希望条件に見合う車を見つけるためには、情報の収集が欠かせません。

中古車オークション代行業者には専門のノウハウがあり、取引の一式を依頼することができます。相場情報は、オークション代行業者のホームページからチェックすることができます。全国のオークションのデータベースの基にした中古車相場検索がありますので、そこからチェックしていきます。中古車オークションの利用では、信頼のおける代行業者を選ぶことも重要です。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで成功する人、失敗する人All Rights Reserved.