banner

参加資格が必要

中古車オークションには参加資格が必要です

中古車の購入を考える場合、誰しも、少しでも安く手に入れるための方法を探します。まずは、どこの販売店が安いか、という情報を集めます。そのうち、販売店よりも、中古車オークションの業者から買った方が安いこともあることを知ります。やがては、インターネット上で個人的に売買するのが一番安いと結論付ける人もいます。

これらの中で、購入時の安さだけで考えるならば、ネットオークション、すなわち個人売買でしょう。しかし個人売買では多くのトラブルも報告されており、これに自分もまきこまれないとも限りません。
個人売買を選択肢から外した場合、より安くというのであれば販売店より中古車オークションでしょう。中には、この中古車オークションに自分も参加できないか、と考える人もいるようです。確かに参加できたら、希望の車をより安く手に入れられそうな気がします。

しかしながら中古車オークションに参加する場合には、参加資格が必要です。主催者へ保証金を預けたり、古物商許可証も必要だったり。業者に頼むよりも高くついてしまします。場合によっては、販売歴も問われます。各種の参加資格をクリアした特別な人たちだけが立ち入れる特別な場所なので、素人が自由に出入りできる場所ではありません。

なお、中古車を手に入れるためのルートとして、個人売買は除外したとしても、販売店よりは中古車オークション業者を通じた方が、購入者にとってみれば有利に働く場合もあります。一般に、中古車オークションのメリットは次の3点です。
①依頼者に直接販売するので、販売店のマージンは価格に上乗せされない。つまり、少し安く買える。
②オークション参加者は上記の通りプロなので、車の状態を瞬時に見分けることができる。状態が悪ければメンテナンスをすることもできる。
③中には販売店並みの保証期間やアフターケアをつけてくれる業者もある、

他方でデメリットとしては、
①素人はオークションの現場に入れない。よって購入してみるまで、実際の車の様子を知る事ができない。
などが挙げられます。信頼ある中古車オークション業者と契約を交わしたいものです。特にアフターケアは重要です。

売ってサヨナラという業者ではなく、せめて愛車を長くケアをしてくれる修理工を紹介してもらうぐらいのことは要求しましょう。
個人売買とは違って、このルートは第三者の目にも晒される公の取引となります。厳しい参加資格を持つプロに仲介してもらうわけですから、不安や疑問があったらあらかじめ尋ねて、納得してから契約を結びましょう。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで成功する人、失敗する人All Rights Reserved.